ホワイトニング情報館 >> ホワイトニング >> コンプレックスになることも

コンプレックスになることも

コンプレックスになることも

歯が黄っぽいということがコンプレックスになることがあります。歯並びが悪かったり、歯の色が黄色あるいは黒ずんている人は、歯を他人の前では見せたがらなくなります。

そのために、笑顔が少なくなったり、歯が気になり口元を隠すたり、しゃべる時に手で口を覆ってしまいがちです。

そんな態度に相手が不信感を抱いたり、明るさに欠ける印象を与えてしまっているかもしれません。

コミュニケーションが重視される社会の中では、大変不利になってしまいます。

人はコンプレックスを感じている部分を積極的に見ようはしません。目をつむって、気付かないフリをします。

歯に自信が持てない人は、自分の口の中を鏡でじっくり見ようとはしません。しかし、美しい歯になるためには、隅々まで歯磨きをしなければいけません。

しっかり鏡で磨き残しがないかをチェックをしなければなりません。そのような努力をしないとますます歯の着色が進んでしまうという、悪循環になります。

ホワイトニングのメリットは、白い歯を手に入れられることです。

歯が変色しているために、どことなく自分に自信がもてない人、歯を見せて思いっきり笑う事が出来ない人にとっては明るい自分に変わることができるチャンスとなります。

美しいスマイルは、人に対してさわやかで、清潔で、明るいイメージを与えることができます。

口元にコンプレックスを感じておもいきって笑えなかった人が、歯並びや歯の色を変えることで、コンプレックスがなくなることにより素敵な笑顔に変わります。

歯や口元のコンプレックスをなくすことは、見た目のイメージを変えるだけでなく、精神面までも変えてしまいます。

今、白い歯がもてはやされています。「白」という色が持つイメージが、「清潔」「健康」「さわやか」「上品」「純粋」「無垢」です。

このイメージを歯をホワイトニングをすることで、手に入れることができるなら、決して高くはないとおもいます。

白く輝く歯になれば、口元を気にすることなく思いきり笑うことができます。鏡を見るのも楽しくなります。

歯のコンプレックスが強ければ強いほど、ホワイトニング後の爽快感・開放感は大きくなります。白い歯というのは、顔を明るく照らします。

歯の白さは、知性と教養、そして内面の豊かさを示しえているといえます。

顔を美しくしたいと思ったら顔にお化粧をするのと同じように、歯を白くしたり、歯並びを整えたりすることが大切なのです。

ホワイトニング情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>矯正 岡山
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>岡山 インプラント
>歯槽膿漏 歯周病
>入れ歯
>インプラント 岡山
>歯科 岡山
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>予防歯科