ホワイトニング情報館 >> ホワイトニング >> ホワイトニング 効果

ホワイトニング 効果

ホワイトニング 効果

ホワイトニング治療を行うことにより、一部の場合を除き歯の白く健康的な美しい色を取り戻します。

歯が白くなると、会話する相手にも好印象を与えことがでます。何よりも自分が生まれ変わったような間隔さえ覚えるようです。

歯の色が少し濁っていたり、黄色がかっているだけで、そのことが気になって自然に笑顔が作り出せない方もいます。

ホワイトニングを行うことにより、精神衛生上の効果もあります。

ただ歯の構造上、ホワイトニングの効果が見込めない場合があることを知る必要があります。

ホワイトニング治療とは基本的に、歯の表面であるエナメル質の隙間に浸透した汚れ(色素)と薬剤が分解することで発生する酸素と結びつくことで無色透明化を促す仕組みを利用しています。

もし、過去病気をして抗生物質であるテトラサイクリンなどを服用した場合にエナメル質の内側にある象牙質が変色しています。

どうしても、をもたらした場合などはホワイトニングの効果が弱くなります。

ホワイトニングは天然の歯に関してのみに作用いたしますので、詰め物・かぶせ物などは色が変わりません。

もしこれらの歯も同じように白くされることをご希望の場合は再治療をご案内しております

ホワイトニング効果ははじめてからどのくらいの期間で効果がでるのでしょうか。

個人差にもありますが、数日後に効果が現れ始め 2週間以上続けてれば効果が現れます。

もし、効果があらわれなかったら再度ホワイトニングをすることになります。

ホワイトニングをおこなうと、副作用があるのでしょうか。

ホワイトニングを行なっている間に知覚過敏が起こる場合があります。

知覚過敏の場合、薬を塗って治療を一時中断します。症状が軽減してから再び治療を行います。

歯のタイプによりホワイトニングの効果がちがいます。

ホワイトニング用の歯のシェードガイドは、明度(色の明るい、暗い)によって分類されています。

ホワイトニング用にVITAシェードガイドを次のように並べなおしてみます。

C4<A4<C3<B4<A3.5<B3<D4<A3<D3<C2<C1<A2<D2<B2<A1<B1となります。

歯の色のタイプは4タイプに分類されています。Aタイプがもっとのホワイトニングの効果があらわれやすいです。B,DタイプはAタイプの次に効果がでやすいタイプです。

Cタイプはもっともホワイトニングの効果がでにくタイプです。ホワイトニングを1回おこなると次のようにシェードが変化します。

Aタイプの場合は6〜5シェード、Bタイプは4〜3シェード、Cタイプは4〜3シェード、Dタイプ:4〜3シェード位の変化があります。

ホワイトニング情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>インプラント 岡山
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>岡山 インプラント
>予防歯科
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>歯槽膿漏 歯周病
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>入れ歯
>歯科 岡山
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>矯正 岡山