ホワイトニング情報館 >> ホワイトニング >> ホワイトニング 機能

ホワイトニング 機能

ホワイトニング 機能

最近では、ホワイトニング機能がある歯ブラシが発売されました。ジョンソン・エンド・ジョンソンから発売されています。

歯の表面を自然になでる着色汚れ落とし用ラバー「ステインリムーバー」を歯ブラシの毛の中に埋め込んであります。

そのほかにも、植毛面の裏にはステインと呼ばれる歯の染みを広い面でこすり落とす「ホワイトニングパッド」があります。

発売元の話によると、ステインリムーバーとホワイトニングパッドの2つの機能が付いた歯ブラシが販売されるのは日本では初めてだということです。

この歯ブラシには歯磨き機能としても、張り出したエッジで歯垢をかき取る「サイドエッジ加工毛」と細かな隙間までかき出す「しなやか極細毛」の2種類の毛を採用し、歯垢をしっかりと除去できるようになっています。

以前の調査で約6割の女性が「歯の色」に悩みを持っているという結果が出ました。

この結果から、ホワイトニング効果のある機能性の高い歯ブラシの開発を進めていました。

お店には「歯を白くするホワイトニング歯磨き粉」が多く出回っています。

しかし、歯磨き粉で歯を白くすることは基本的には出来ません。

なぜかというと、歯というものはそもそも黄ばんでいるのです。

薬剤を使用するホワイトニング(ブリーチング)は歯の表面の構造を変化させることにより歯の本来の色よりも白くすることができます。

歯を白くする薬剤が入った歯磨き粉を販売することは日本では禁止されています。アメリカでは歯磨き粉の中にはこの薬剤が入っているものが売られています。が、歯科医院などで処方してもらう以外入手する方法はありません。

かりに使用したとしても薬剤の濃度が低いので歯磨き粉だけで歯が見違えるように白くなることはありません。

この歯磨き粉は主にホワイトニングを行った後に色の後戻りを遅らせるために使用されています。

歯磨き粉で歯が白くなるというのは、歯の表面に付いた茶渋やヤニなどの汚れと落とすことにより歯が白くなるのです。

歯本来の黄ばみがかった色以上に白くなることはありません。ホワイトニング歯磨き粉には様々なものがあります。価格は大体1000〜3000円位です。

ホワイトニングをうたった歯磨き粉の宣伝をよく目にしますが、実際使ってみたけれど、あまり効果がなかった、という方人がおおいのではないでしょうか。

市販の歯磨き粉は、「ホワイトニング」と言いながら、歯科医院で使用するようなホワイトニング剤は配合されていないのです。

あくまで歯の表面についた着色汚れ(ステイン)を研磨剤によって磨き落とす、または、酵素やキレート材で汚れを浮かせるという効果しかありません。

ホワイトニング情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>岡山 インプラント
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>インプラント 岡山
>矯正 岡山
>歯槽膿漏 歯周病
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>入れ歯
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>予防歯科
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>歯科 岡山