ホワイトニング情報館 >> ホワイトニング >> ホワイトニング 保険

ホワイトニング 保険

ホワイトニング 保険

日本には保険診療があるとはいえ、医療費自体は安いものではありません。

また、医療保険というのは「最低限の治療」を国民全員が受けられるようにするためのシステムです。

審美目的や予防目的での歯科治療というのは、保険でカバーされていません。

そのためホワイトニングを保険でできるものは、失活歯(神経のない歯)の漂白です。

通常のホワイトニングは、審美歯科に分類されています。美容治療となり、保険は認められていません。

保険適応外自費治療ということになります。歯科診療は、その内容によって「保険診療」と「自由診療」に大きく分けられます。

ホワイトニングは「保険診療」の対象にならないので、医療費控除の対象にもなりません。

「保険診療」は治療費が国の基準で決まっていますが、自費診療の治療費は各歯科医院まかせとなっています。

歯科医院によってはクレジットカードでの支払いも可能な医院もあります。

しかし、ホワイトニングを行なうために行う必要な虫歯・歯茎の処置等は保険診療になります。

ホワイトニングする場合は、事前に口腔内を診査します。そのため、保険証も持参しておいた方が良いでしょう。

医療保険とはどのようなシステムでしょうか。医療保険とは保険診療保険証を提示することで、医療費の一部を国が負担してくれるシステムです。

乳幼児やご高齢者などの例を除いて一般的に本人の医療費負担は1〜3割ほどになります。

虫歯や歯周病といった病気や口腔内のケガなどの治療は基本的には保険診療です。

自由診療保険診療の適用範囲外の治療法や素材を用いた場合は自由診療となります。

見た目の美しさや耐久性を重視したセラミックの詰め物やホワイトニングなどは自由診療となります。

自由診療保険は費用は高くなりますが、保険診療よりも高度な治療を受けることができます。

ホワイトニングは、保険外治療(自費)の治療費になり、歯科医院によって大きな差があります。

例えばセラミックの差し歯一つとっても、安い歯科医院では1本5万円程度、高い歯科医院では155万円以上するところもあります。

治療費は各歯科医院によって大きく異なります。また、保険外治療(自費)の治療費は、保険治療を行う場合の3倍〜数十倍程度かかってくることが多いです。

ホワイトニング情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>歯槽膿漏 歯周病
>入れ歯
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>インプラント 岡山
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>歯科 岡山
>矯正 岡山
>岡山 インプラント
>予防歯科
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科