ホワイトニング情報館 >> ホワイトニング >> ホワイトニング 一般的

ホワイトニング 一般的

ホワイトニング 一般的

ホワイトニングというのは一般的に、歯の表面に付着した色素のみを落とすのではなく、歯の中の色素まで分解して歯そのものを白くしてく方法のことです。

この施術方法は1989年に初めてアメリカで実用化されました。

しかし、このときはホワイトニングは欧米人向けに開発されていたため、歯に濃い色素を持つ日本人には適していませんでした。

そこで、変色歯と漂白法について、日本人のためのホワイトニング「FAPホワイトニング」を開発したのでした。

一般的なホワイトニングというのは、歯の表面に凸凹を作り、乱反射させることで白っぽく見せてるのです。

歯の表面にはエナメル層があります。このエナメル層にペリクル層とプラーク層の有機質が付着しています。

これらの有機質を分解・除去してエナメル質を凸凹状にするのです。一般的なホワイトニングは、その上に漂白薬を塗布して光を照射して終了します。

オワイトニングを行なうと、歯の表面が凸凹状になっています。この凸凹状の部分に茶渋などが付着しやすくなるのです。

そのため、色の後戻りが早くなります。一般的なホワイトニングでは、エナメル質がむき出しになるてめ、虫歯になりやすい歯になってしまいます。

FAPホワイトニングも、一般的なホワイトニング同様、歯の表面を凸凹状にします。

FAPホワイトニングでは、この凸凹部分をそのままにはせず、その上に「フッ化アパタイト」という強化カルシウムの層を5層ほど重ねて吸着します。

肉眼ではもちろん顕微鏡で見ても歯の表面は滑らかになっています。このため、長期間にわたって歯の白さを保ち続けつことができるのです。

一般的なホワイトニングのように色の戻りがないという画期的なホワイトニングです。

FAPホワイトニングをおこなうと虫歯になりにくくなります。FAPホワイトニングでは、凸凹状にさせた歯の表面にフッ化アパタイトを何層も吸着させます。

このフッ化アパタイトは、歯や骨といった人体の硬組織に非常に似た成分です。

そのため、漂白効果の後戻りを防ぎ、歯質を強化していきます。虫歯になりにくい歯を作りだしてくれるのです。

ホワイトニング情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>岡山 インプラント
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>歯槽膿漏 歯周病
>予防歯科
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>歯科 岡山
>入れ歯
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>インプラント 岡山
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>矯正 岡山
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック