ホワイトニング情報館 >> ホワイトニング >> メンテナンス

メンテナンス

メンテナンス

歯のホワイトニングを行なってもある一定の時期を経過すると色落ちが目立ちはじめます。そのため早めにのアフターケア(タッチアップ)をする必要があります。

時間をかけて行うホームホワイトニングでは約1〜2年白い歯を維持できます。

しかし一気に行うオフィスホワイトングでは、約3〜6ヶ月で色落ちがはじまります。

そのため最初にホワイトニングを行った後は、年に3〜4回のメンテナンスが必要です。

その翌年からは年に1〜2回のメンテナンスで、白い歯をキープすることができます。

料金は最初にホワイトニングをするときほどかからず格安でできますが、何度も行うとそれなりに費用がかかります。

そういう時におすすめなのが、デュアルホワイトニングで最初にオフィスホワイトニングで一気に色くし、白い歯を長期間維持させるために自宅でのホームホワイトニングを併用する手法です。

最も効果が高く、基本的ないアフターケアを多くの人は忘れてしまいます。ホワイトニングで手に入れた白い歯を持続させるためには歯に付着しやすい着色料が含まれた飲食物をなるべく口にしないことを怠らないことです。

例えば、コーラやコーヒー、紅茶の類は特に歯の表面に色素が付着しやすく、歯の表面の変色を促進すると言われます。

歯の表面の汚れあればクリーニングで洗い落とすことができます。なかには、頑固なもがあります。必要であれば再びホワイトニング治療を行います。

一度白くなった歯が永久的に白いままではありません。定期的にメンテナンスを受ける必要があります。

健康の歯を保つことが、歯の白さを保つことになります。健康の歯を保つためには、日ごろからフッ素配合歯磨き剤を使って、丁寧に歯を磨くことが大切です。

そして、定期的に歯の検診を受けるのです。治療などの必要がなくても、少なくとも1年に1〜2回は歯科医院を受診するように習慣づけるのです。

歯科医院で口の中をチェックしてもらい、歯磨きでは落とせない歯垢や着色汚れなども落としてもらうのです。

そうすれば、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。家庭のケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わることにより、健康な歯を守ることができるのです。

ホワイトニングのメンテナンスの方法は最初に問診・口腔内診査を行ないます。そこで、むし歯の有無、歯茎の状態をチェックをします。

次に、唾液検査を行ないます。唾液の検査によりむし歯・歯周病のリスク判定を行うことができます。リスクに応じた患者個人にあった予防計画をたてることができるのです。

ブラッシング指導をおこないます。毎日きれいに歯磨きをしているつもりでも、歯と歯の間、歯茎との境目に磨き残しが残ります。

汚れのたまりやすいところをきれいにする磨き方を指導してもらうことができます。

歯科医院で歯のクリーニングを行なってもらい、最後にフッ素を歯に塗ってもらいます。

ホワイトニング情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>岡山 インプラント
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>入れ歯
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>予防歯科
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>歯槽膿漏 歯周病
>インプラント 岡山
>矯正 岡山
>歯科 岡山