ホワイトニング情報館 >> ホワイトニング >> ホワイトニング 原因とはなに?

ホワイトニング 原因とはなに?

ホワイトニング 原因とはなに?

p>ホワイトニングを行うはなければならない歯というのは歯の形成過程で歯に問題がある場合があります。

歯ができる過程で影響を受けた場合は、歯列全体に渡ってエナメル質・象牙質の質・量が変化しています。

内部構造に色素が沈着されて変色を起こていす。こうなるとホワイトニングだけで改善することは困難なため、白くするには白いセラミックの歯を入れます。

歯科治療、外傷などが原因となっている場合があります。歯に詰めていたり、被せたりしている金属の成分が溶け出したものがあります。

歯の根の治療で神経が抜かれ、血液やリンパ液の補給ができなくなったもの、転んだ時の打撲が原因などがあります。

ホワイトニングだけで改善することは困難なため、白くするためには白いセラミックの歯を入れます。

歯の色が黄色いくなる原因はなんでしょうか。まず考えられるのが、タバコのヤニです。タバコをすっている人の歯の裏側にはベットリついています。

次に考えられるのが歯垢です。歯垢というのは一言でいえば、食べカスです。

歯についたままの状態にしていると、歯磨きだけでは取れません。歯の表面に汚れがついている状態といえます。

一番困るのが、先天性の原因の場合です。歯の材質であるエナメル質の下に象牙質があります。

象牙質というのははもともと黄色がかった色をしています。この象牙質が年齢を重ねたり歯ぎしりや、食事などで象牙質の黄色味が強くなるのです。

その他の原因として、虫歯の治療によって歯の神経の部分が死ん茶色っぽくなったり、遺伝により歯が灰色っぽかったりということもあります。

昭和40年代前後に使用されていた抗生物質テトラサイクリンを使用して、象牙質が変色した場合もあります。

現在では、テトラサイクリンの使用は禁止されています。この時期に治療等の理由で体内に投与された人の多くが象牙質の黄ばみや黒ずみに悩まされ続けています。

テトラサイクリンによる歯の変色をホワイトニングで白く美しい歯にできないものかと期待されていますが、象牙質の変色まで元に戻すことは不可能です。

なぜわざわざ高いお金を払って審美歯科でホワイトニングをおこなうのでしょうか。

市販のホワイトニング効果のある歯磨き剤でも十分ではないのでしょうか。

結論から言えば、歯磨き剤だけでは、根本的な「歯の白さ」を実現することはできないのです。

多くの歯磨き剤が謳う「ホワイトニング効果」とは、歯の表面の歯垢や着色成分を物理的に落とし、侵食した部分を再石灰化によって埋めるというほうほうです。

「歯を白くする」というよりも、歯の再石灰化を促して、本来の色を取り戻すだけの作用しかありません。

健康な口の中では、自然に行なわれている作用ですが、歯垢が溜まっていると、この再石灰化がうまく進まず、虫歯になっていくのです。

ホワイトニング情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>入れ歯
>矯正 岡山
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>インプラント 岡山
>岡山 インプラント
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>予防歯科
>歯科 岡山
>歯槽膿漏 歯周病
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科