ホワイトニング情報館 >> ホワイトニング >> ホワイトニングについて

ホワイトニングについて

ホワイトニングについて

以前は歯を白くするためには、歯を削って白い歯をかぶせたり、歯の表面に付け爪のようなものを貼ったりする方法でした。

現在では、歯の表面を傷つけず、薬を使って歯全体を白くすることです。この方法をホワイトニングといいます。

ホワイトニングで使用する薬の主成分は過酸化水素と過酸化尿素です。この二つを併用することもあります。

薬の成分がある一定の温度になると、酸素と水に分解されます。

この分解のときに発生する酸素が歯の色素に結びつき歯の着色成分を分解して脱色します。その結果、歯が白くなるのです。この途中で活性酸素が発生します。

活性酸素が歯の表面のエナメル質に光を乱反射させて、黄色味の強い象牙質の色が透けて見えないようにさせます。

今までの歯の治療に比べてホワイトニングがすぐれているのは、次の点です。まず、歯を削らなくても施術ができます。

色調や明度を調節することがでいます。長期にわたり器具を装着することがないので、2次的な虫歯にならない、短時間で行なうことができ、何度も施術をすることができます。

瀬戸物の差し歯などに比べ経済的です。しかし、ホワイトニングにも欠点があります。まず、1回の施術で完全に終わらないのです。

ホワイトニングは手軽で簡単に受けらるというメリットがりますが、永久に効果があるわけではないのです。また、人工の歯にはホワイトニング効果はありません。

歯科医院では、ホワイトニング前に検査をおこない口腔内がホワイトニングに適した状態であるかを調べます。この検査は歯科医師がおこないます。

例えば虫歯、歯軋り、歯周病、無カタラーゼ症、エナメル質形成不全・象牙質形成不全、多量の歯石が付いているかどうか、または妊娠てているかなどを目で見て診断します。

歯に問題がある人があります。その場合は、当日すぐにはホワイトニングを受けることができません。この検査はホワイトニングの費用に含まれています。

さらに詳しい診断が必要と判断された場合は個人の同意を得た上で、歯科治療やレントゲンを撮ることになります。

ホワイトニング費用の他に、初診料及び諸費用が加算されます。念のため保険証を持参したほうがよいです。

ホワイトニングを受ける前に、自分の歯は何色なのか、歯の色の種類を知っておく必要があります。

歯の色には様々なタイプがあります。タイプによりA,B,C,Dタイプに分かれます。最も歯が白くなりやすいのはAタイプで、最も歯が白くなりにくいのがDタイプです。

ホワイトニングをおこなって、D3シェードがA1シェードになったというような言い方をします。このシェードとは色の明るさや色調のことをあらわしています。

歯科医院には歯の色見本のシェードガイドというもので色あわせを行ないます。

このシェードは右から左に行くにしたがって明るさ(明度)が増し、明度(色の明るい、暗い)によって分類されています。

歯科医院で自分の歯の明度をホワイトニングする前にしっかりと把握します。

今からどこまでの明るさの歯にするのか、またどこまでの明るさが可能なのかを歯科医師とよく相談しでホワイトニング計画をたてましょう。

ホワイトニング情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>インプラント 岡山
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>歯槽膿漏 歯周病
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>岡山 インプラント
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>予防歯科
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>矯正 岡山
>歯科 岡山
>入れ歯
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科